保育士の給料が安すぎてWワークに…

保育士の給料が安すぎる

子どもが可愛くて仕事にした保育士。確かに仕事にやりがいもあるしクラスの子どもたちの笑顔に囲まれて楽しいです。

 

しかし保育士の仕事はハードなのに安月給

 

地方から出てきて一人暮らしをしていると、想像以上に生活費だけで精一杯になってしまう現実があります。

職場と家の往復で、特に贅沢もしていないのに

  1. 家賃
  2. 光熱費
  3. 食費
  4. 保険
  5. スマホ代

これでもうギリギリって保育士さんも多いです

 

結果、週末にWワークの副業をやっている人も多い

週末にWワークの副業

保育士になっても一向に給料が良くなる気配はないし生活費も切り詰めても限界があります。

  • 生活に多少の余裕は欲しいし、将来のための貯金もしたい保育士さんの仲には生活のために週に1回〜2回の副業をやっている方もいます

保育士が多いWワークの副業の内容は

コンビニ 週末や深夜の時間帯だけ働くという方法。深夜は時給も高く、人がほしいので割とすぐ採用される
ベビーシッター 保育士資格があると信用が得られて仕事がきやすい。自分の空いた時間と相手の時間の都合さえつけば仕事になる
飲食店 こちらも深夜の時間帯や週末だけという働き方が可能。キッチンなど人前に出ない仕事もある
水商売 地元を離れれば保護者と顔を合わせるリスクが減らせる。スナックやキャバクラなど週に一回でも高収入が得られて人気

本当はWワークはいけないと分かっていながらも、生活の為に仕方がない面もあるかと…

 

でも働き過ぎでは体を壊してしまいます

働き過ぎでは体を壊してしまう

しかし保育士の仕事はとってもハード

 

朝早くから乳幼児を預かり、休憩もままならないことも多いです。

 

子どもたちの午睡中も書類、ノートなどこなさなくてはいけない業務がたくさんあり、夕方まで子どもたちと一緒に過ごすのは体力的にも精神的にもとても大変です。

  1. 集団となると安全への配慮
  2. 子どもの育ちを考えた接し方
  3. スムーズな生活リズム

など様々なところへの気遣いが必要で、一日終わるとヘトヘトなのは年齢問わず誰しも経験していることでしょう。

その上、副業ともなると少し自分の健康のことも大切

身体を壊してしまっては元も子もないですから・・・。副業をするということは本来休むべき時間帯に働くということなので、身体を壊してしまうリスクも高くなります。

また水商売は職業柄園や保護者に知られた時に信用を落とす

事情があるにせよ、男性を相手にする仕事というのは昼間、自分の子どもを預けて「先生」と呼ぶのに抵抗があるという人もいるでしょう。

本業である保育士の仕事を失いかねません

 

【重要】Wワークの生活を脱却する方法

Wワークの生活を脱却する方法

でも副業なしにどうやって給与アップさせるか?

 

本題はそこ!

 

Wワークの生活から脱却するただ一つの方法を伝授しましょう!

保育士の仕事をやめなくても良くて
「今の職場よりも待遇の良い園を見つけてそちらに転職する」

という選択肢があります!
保育園の給与なんてどこも同じでしょう?と思っているのは間違い!

 

収入アップを目指せる要素

@基本給が一万でも高いとこと

手当も大事ですが基本給が高いほうが良い。手当はカットされる可能性があるが基本給が高ければそれを元にボーナスなど計算されるので、給与を比べるときに基本給は大切になります。

 

A諸経費がかからない職場

毎月のことなのでこれも大事です。例えばこんな費用が掛かっていませんか?

  1. 自動車通勤で駐車場代を給与天引き
  2. 給食費が高い
  3. おやつ代、親睦会費などを毎月天引き

これらを合算すると一万円以上にもなる、ということがあります。

 

中には「かかるのは給食費だけ」とい良心的な園もありますし、交通費は出ないけれども駐車場と給食費は無料などという園もありますから、そういう所に転職できると収入面で変わってきます。

 

B自治体によって補助が出るところがある

保育士の処遇改善が徐々にではありますがなされてきています。国も保育士不足の深刻化に対してやっと重い腰を上げ一律2万円補助する旨を発表しました。

 

プラス市町村単位でも補助金がでる自治体がある

 

しかしそれには差があって、隣の市は〇万円支給されるがわが市ではまだ・・・という状況になってきています。まずは今後どのような処遇改善がされていくのかをしっかりと情報収集しましょう。

 

まずは求人の情報収集から!

求人の情報収集

情報の集め方としてとっても効率が良くおすすめなのが保育士求人サイト

 

というのも、自分の通勤範囲内の園は、かなりの数があります。中には非公開で求人を出している園もあり、自分自身ですべての求人情報をキャッチして給与まで調べるということは大変難しいのです。

 

そこで使えるのが保育士求人サイト!

こちらには地域の保育園の給与などの情報が集約しており、登録は無料。いろいろな求人を見てみるのが良いでしょう。

 

保育士求人サイトランキング

 

  1. 求人数が豊富
  2. それらを一律に比較検討することができる
  3. 担当制で、その地域のことを熟知している
  4. 就職活動の仕方、履歴書の書き方、必要書類の指示など

転職、就職に関する様々なことをアドバイスしてもらえるという点が色々とあります!

 

保育士専門の求人サイトも一つではないので、2〜3個登録してみると自分に合う求人が見つかりやすいかと^^

 

まとめ

より良い待遇を求めるならば、求人サイトを使って様々な園の待遇を比較し、より良い条件のところに転職するという方法

 

あなたのキャリアや保育士の資格を活かすことができ、最善の方法といえるでしょう^^

 

保育士求人サイト探しなら

保育士求人サイトランキング

 

 

>>保育士になるには TOP

関連ページ

保育士の面接について※保育士が知るべき3つの心得
保育園でまた働くようになった方へ!復職で求人応募して面接を控えている時、知っておくべき3つの事があるのでチェックしておきましょう!
保育士が退職時に守る最低限のマナー3つ【円満退社目指す!】
【円満退社の方法】保育士の退職時にしておきたい最低限の3つのマナーを知っておきましょう!後味悪い辞め方は双方によくないです!
保育士パートは資格なしでも働ける?【保育補助なら無資格OK!】
保育園で働く保育士はパートだと資格なしでも働く事が出来るのでしょうか?保育補助と言う働き方もあるのでチェックしておきましょう!
保育士の子持ちの働き方|パート勤務で子育てとの両立目指す方法!
保育士の方で結婚・出産した時の子持ちの状態の時の働き方はどーしたらよいの?両立ならパート勤務が無理なくおススメですね!